代表世話人挨拶

調査によればこの3年間にうつ病などの精神疾患で仕事を休む社員が6割の企業で増加し、しかも30代の働き盛りの年代で最も増加していることが指摘されています。
厚生労働省の患者調査によると、うつ病を含む気分障害の推定総患者数は1999年の44万人から2002年の71万人へと大幅に増加しています。また、自殺者が3万人を突破したのは1998年であります。
これと呼応するように、企業内でうつ病で仕事を休む社員が増えるとともに、いったんは復職しても再休職する社員が多くみられるようになり、メンタルヘルス対策の必要性が2000年以降叫ばれるようになってきました。これら一連の動きはおおよそ1990年代以降の現象であると思われます。
このようなことを背景として、近年のうつ病や不安障害は以前のように休養と薬物では復職が困難である場合がしばしばあり、治療法として心理療法とリハビリテーションが脚光を浴びています。休職中の社員を職場へ復帰させるためのリハビリテーションとしては、1997年に秋山(NTT東日本関東病院)が作業療法の枠組みで始めた職場復帰支援プログラム(RAP)を先駆けとして各地の医療機関に様々な形で広がりました。
2007年、秋山、横山(札幌駅前クリニック)と私の3人が呼びかけ、札幌で行われた第4回日本うつ病学会終了後にリワーク・プログラムを持つ全国の10医療機関に声をかけ情報交換の場を持ちました。それを母体として、尾崎(名古屋大学)を加えた4人が発起人となって研究会の設立を呼びかけ、平成20年3月29日に当研究会が発足しました。
今後は、リワークに関する研究活動と普及啓発活動を進めていく中で、より良い治療の提供を目指していきます。

代表世話人 五十嵐 良雄

研究会概要

設立日:2008年3月29日
所在地:東京都港区虎ノ門1丁目16-16 虎ノ門1丁目MGビル3階(メディカルケア虎ノ門内)
TEL:03−5512−1161
FAX:03−5512−1161
URL:http://www.utsu-rework.org
E-mail:information@utsu-rework.org

活動目的

研究活動 〜プログラムの標準化と多様化、地域連携〜

  • 医療機関におけるリワーク活動の実態に関する研究
  • リワークプログラムの多様化に対応したプログラムのモデル化に関する研究
  • リワーク施設職員の研修体制および評価に関する研究
  • リワークプログラムの費用と効果に関する医療経済的研究
  • 地域における就労活動のための諸機関との連携の標準化

啓発活動 〜リワークの実例を知ってもらう〜

  • 医療機関向け研修会の実施
  • 企業向け研修会の実施
  • 学会における活動

役員

役 職 氏 名  
代表世話人 五十嵐 良雄 医療法人社団雄仁会メディカルケア虎ノ門院長
世話人 秋山 剛 NTT東日本関東病院精神神経科部長
世話人 尾崎 紀夫 名古屋大学大学院 医学系研究科 精神医学・親と子どもの診療学分野教授
世話人 徳永 雄一郎 医療法人社団新光会不知火病院院長
世話人 三木 秀樹 医療法人栄仁会宇治おうばく病院院長
世話人 横山 太範 医療法人社団心劇会さっぽろ駅前クリニック院長
会計監査 有馬 秀晃 医療法人社団こころの会品川駅前メンタルクリニック 院長
顧問 樋口 輝彦 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 理事長
顧問 野村 総一郎 一般社団法人日本うつ病センター 副理事長
顧問 大野 裕 一般社団法人認知行動療法研修開発センター 理事長